くまに追いつくblog

ぐいっと一日、2話ブログ

アメリカにおけるマーケティングの基本、、、狙うべき層の若さに驚いた件

「ミレニアム世代」と聞いて何のことかわかるだろうか?

 

1980年~2000年に生まれた人たちで今は10代後半~30歳中盤の人達のことをいうらしい。

 

f:id:takayoshi8:20180130084858j:plain 

アメリカでは、第二次世界大戦後のベビーブーマーよりも、このミレニアム世代のほうが多いということだ。

 

現地のマーケティングコンサルタントの人から聞いたところによると、このミレニアム世代を一番の顧客層と見るのが、今のアメリカにおけるマーケティング戦術では、基本の㋖らしい。

 

高齢化社会を迎えた日本からはにわかに信じがたいことではある。

日本では電化製品や保険商品などは会社として、かなり前面に、

高齢者向けのプレミアム商品などの広告を打ち出していることをよく目にする。

 

日本では、高齢者向けの市場を検討するのが、基本の㋖なのだろうか。

素人なのでよくわからないですが、そうすると、アメリカに比べると、

企業のサービスも高齢者を対象としたものが多くなっているのだろうか。

 

アメリカのミレニアム世代は移民を中心に構成されているものと思われるが、

ヒスパニック系とアジア系だろうか。

(とすれば、アジア系で20台後半ミレニアム世代の私がアメリカにいれば、

色々と良いサービスが受けれるのかもしれない・・・!

 

また、中国の人口構成ではどうだろうか。

最新のものはなかったが、人数的には、20歳から上の世代が多いのかな。

f:id:takayoshi8:20180130091142j:plain

これが4年前だから、20歳学生だった人たちは、いま社会人で働きだしてお金を稼ぎ始めているはずだ。しかも景気のいい中国で。

 

この世代は自由にアプリやスマホを使いこなす。依存度もかなり高い。

中国でもアメリカでも、アジアの人たちのボリュームゾーンに響く内容は、日本のミレニアム世代にも響くものと同じと思われる。漫画にしろアニメにしろ。

 

日本では、高齢者向けの製品やサービスが充実していて、そこがボリュームゾーンになるけれども、日本のミレニアム世代にも響くものをつくろうよ。希望があって楽しいし

笑、そうすれば、世界のアジアの人の目に留まっていいビジネスになるかもしれないよ。

 

最近のニュースでは、「旅かえる」という日本発のアプリが、想定外に、中国で大ヒットしているようである。こういうものがたくさん積み重なれば、日本の景気も更によくなるはずだ!

 

matomame.jp

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

くまもアジア人だ。一緒の価値観を持って追いつこう。

 

SWITCH Vol.34 No.7 ミレニアム世代のための未来教室

SWITCH Vol.34 No.7 ミレニアム世代のための未来教室

  • 作者: 池松壮亮,北村道子,ライアン・マッギンレー,谷川俊太郎,細野晴臣,ピーター・バラカン,レキシ,又吉直樹,小泉今日子,糸井重里,下田昌克,荒木経惟,スティーブ・エリクソン,柴田元幸
  • 出版社/メーカー: スイッチパブリッシング
  • 発売日: 2016/06/20
  • メディア: 雑誌
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ジムは女子力の高い男性で溢れている件

何を隠そう一週間に1回はジムに行っている。

 

周りにはマッチョな外人さんが多くいる。

 

彼らは、音楽を聴きながら、汗だくになり、

 

顔を赤くしながら、バーベルを上げている。

f:id:takayoshi8:20180130083546j:plain

バーベルを上げているときの息遣いなど、暑苦しいほどだ。

 

そのおかげで、胸筋は山のように盛り上がり、誰が見てもマッチョな男を維持している。

 

それを真似して、頑張ってベンチプレスを上げているのであるが

 

なんでこの人たちはひたすら胸筋を鍛えているのだろう

 

そんな疑問が頭から離れない。

 

運動に使える筋肉でなく、見せる筋肉をつけている。

 

健康に胸筋はあまり関係なさそうだ。

 

ボディのラインを綺麗に見せているのであろう。モテるためでもある。

 

そこで気づいたことがある。

 

そうだ、彼らはモテるために胸を大きくしているのだと。

 

それは女子と同じだ。バストアップを頑張る女子と一緒だ。

 

ジムでこれだけ汗水たらして男臭く努力している彼らは、

 

モテるエロかわいい女子になるべくガンバる女子力高めな女子たちと気持ちは

 

一緒なのではないかと。

 

彼らの女子力は高いそう結論づけることも可能ではないだろうか。

 

↓女子力の高い彼らたち(再掲)

f:id:takayoshi8:20180130083546j:plain

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

くまはスポーツマンタイプでないが、良しとしよう。くまの趣味を聞いておけばよかった。

 

IROTEC (アイロテック) プレスベンチ / ベンチプレス バーベル ダンベル 筋トレ

IROTEC (アイロテック) プレスベンチ / ベンチプレス バーベル ダンベル 筋トレ

 

 

 

【書評】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 小説家 村上春樹

色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年。


このタイトルが小説をこれほどになく要約している。「色彩を持たない」こと、多崎「つくる」という名前。そして、「巡礼の年」。


多くのこと、多崎つくるが感じていること、感じたこと。青春時代の親友グループの完全性、何に価値があるのか自分に価値があるのかその死に触れる虚無感、つくることへの静かなる興味。


多くの要素に共感してしまう。どこか成長や変化に欠けるいまの日本で、自分のやりたいことに疑問を持つこの世代で。


共感した自分につくるは問いかける。


「本当に欲しいものを苦労して手に入れる喜びを味わったことも、思い出せる限り一度もない。」


そして、友人たちは、憎らしく勇気づける。

真っ直ぐに。


「才能のことはよくわからない。でも−自分の作ったものが、他の人たちに何らかのかたちで必要とされているというのは、なかなか素敵なことよ」


「君に欠けているものは何もない。自信と勇気を持ちなさい。君に必要なのはそれだけだよ。怯えやつまらないプライドのために、大事な人を失ったりしちゃいけない」



ーーーーー

くまに追いつく。自分のペースで幸せを噛み締めながら。あと感じたのは、レクサスと二百年の伏線。

【書評】田中角栄の人を惹きつける話し方 明治大学教授 斎藤孝

「人生の意味を問うのでなく、人生そのものを愛すべきだ。」


と小説 カラマーゾフの兄弟で放たれた名言を引き合いに筆者は出した。田中角栄のフェアで一心な、情に溢れた人柄と語り方を描写するためだ。


田中角栄の、情に溢れたキャラクターを、普通の感覚で分析しながら、筆者の思い当たる名言を後追いで散りばめていく。


充ち満ちる「情」がある政治家である、と重ねて田中角栄のエピソードを交える一方で、

-大臣であった際、官僚、大蔵大臣、首相の三方をうまく騙しながらも迅速なる意思決定を進める豪腕さ、先を読み、当意即妙なハッタリをかませることが出来るやり手であること。

-そして、首相着任すぐ、日中国交正常化では、強い親分肌のリーダーシップを取りながらも、交渉の対案を、「大学出が考えろ」と官僚に考えさせるちょっとした冷たさが垣間見えること。


色んな角度から田中角栄像を見ることができる。


田中角栄さんとは同じ時代に生きたことはないが、お弟子さんである石破大臣の、キレと圧のある語り口をさらにさらに魅力的にしたものが田中角栄の語り口であったのだろうと想像する。

------

くまに追いつく。2017年。


日中国交正常化とネーミングがすごいと思う。

今までの常識であった日中関係が正常でなかったというわけだから。

【書評】「たった一人の熱狂」 幻冬舎代表取締役社長 見城徹

編集者は運び屋(クーリエ)ではない。

作家の機嫌を損ねることを恐れ、無難な物言いしかしなかったとしよう。

編集者がそのような態度で一方引いている限り、作家の琴線を刺激して

エキサイティングな新作を受け取ることはできない。

 

若手の社会人で僕のような人間は、最初は威勢がいい。

しかし4年目となり会社が安心できる場所になると、

威勢をよくしないほうが短期的にメリットがあることに気づく。

 

何か仕事での課題を解決するために、他の人の意見を聞いて、

その意見を別の人にぶつける。反発があればまた別の人にぶつける。

いったりきたり。自分の意見は極力挟まないことで物事が前に進む。

上には意見をしない。下手をすると、僕はクーリエだ。

 

それはたとえば、先生に怒られないように無難に宿題をやるように。そんな感じ。

 

それでは、自分が納得するような、他の人の興味をそそるようなものになっている

はずがない(死ぬほど怯えて怒られないように完成度を高くすることは

可能だけれど、、、)

 

自分はいつか死ぬから。一秒一秒寿命を削って生きているから、

せっかくだからいいものを残していきたい。著者のいう、「キラーカード」を持って。

 ーーーーーーーーーー

くまに追い付く。

 

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-

 

 

 

 

 

 

軽くすることへの情熱を書く件

製品を買うとき、何に魅力を感じます?

安い!使いやすい!センスがいい!かっこいい!かわいい!

 

けども、知らないうちに、プチッと意識していること、

それは、「軽くする」ことができるかどうか。負担を軽くする。重さを軽くする。

 

几帳面なA型であればあるほど、その重さのあるわずらわしさが

気になってしょうがないでしょう。

 

たとえば、どんどん増えるポイントカード。

貯めれば貯めるほどお金に換わる価値があるのに、

いや財布が膨れるから、ほかのカードが取り出しにくくなるから、、

と本当はどんなポイントでもあればあるほどいいのに、、、

ある段階からもうやめてしまう。

 

これに目をつけたのが、T-pointカード。

いままでは色々なお店が独自のポイントカードを使っていたけど、

巨大な共通ポイントに一元化されて、あら便利、ひとつでよくなっちゃった。

 

これが進化すると、もはやカードはいらなくて、

携帯電話とひとつになっちゃったり。Edyとかね。

 

さらに今後は、指紋ひとつで全部ポイント利用とか認証とかできるはず。

お得!あらゆるポイントが、カード発行しなくても貯まる!主婦大歓喜!

そんな未来、くるんじゃない!!

ひとつのハードルは、ポイントカードはね、お客の囲い込みを目的としてること。

ドトールコーヒーとスタバは同じポイントカード使ってたら、

本来の囲い込み戦略は使えないことになる。なので、そんな未来は

まだ遠い先かもしれない。。。

 

でもさ、Suicaとかクレジット機能もついて、そのうちキャッシュ機能とか色々

ついて、ついでに身分証明書とか運転免許証とか全部1枚で完結したら、

それはもう夢の世界ですよ。スマホと1枚のカードだけ持ってればいい未来。

 

手ぶらで外に出れる!!良い!良いよ!

「軽く」したい派からしたらもううれしくてうれしくて、感激でしょうね。

ーーーーーーーーーーーー

くまに追い付いてる、やりたいことで。

 

 

東京駅 開業100周年記念 Suica (スイカ)台紙付

東京駅 開業100周年記念 Suica (スイカ)台紙付

 

 

【書籍】「センスは知識からはじまる」グッドデザインカンパニー代表 水野学

センスは、知識の集積を前提に、最適解を見つけ出す能力である。

 

たとえば、ビートルズについて聞かれた時に、僕が「すごいんだよ」と言うのと、坂本龍一さんが「すごいんだよ」と言うのとでは説得力が違います。 

 

著者は、世間から見れば、「iD」や「くまもん」のクリエイティブディレクターで

センスのある人と思われている。

 

その背景には、ひらめきや第六感でなんとなくアイディアを決めているイメージ

ある。

 

しかし、著者はそれを否定する。膨大なデータから「普通」のことを精度よく最適化

できることが、センスのあることである、と主張する。

知識の集積が、ひらめきの前提である、と。

 

冒頭に述べた坂本龍一さんの例では、膨大な知識の集積がある坂本さんが説得力をもっ

て「ビートルズ」のすごさを主張することが想像できる。なぜすごいのか、ローリング

ストーンズや現代のJpopやらと比べてどのような点がすごいのか、いくら聞いても湯水

のようにその理由が説得的に述べられることがイメージできる。

 

ここまできて、2つ考えたことがある、

 ①まず、この「ひらめき」も、膨大な知識の集積からくるものなので、最近巷で話題

  の「コンピューターに置き換えられる仕事」なのかということ。

 

  そうではないだろうと思う。「普通」のことを精度よく最適化することは非

  常に高度な知的作業であり、コンピューターにはまだ早い。たとえば、iphoneの製

  作は、それこそ既存のガジェットを最適に配置した抜群にセンスあることには反論

  はないと思うが、このような製品を世に送り出すのはコンピュータでなく、人間だ

  ろう。

  製品コンセプトならまだしも、そのような新しいものを生産までこぎつけるのは、

  生半可じゃない情熱もいる。そこには人間がいる。

 

 ②2つ目は、膨大な知識の集積・詰め込み教育は、「時代遅れではない」というこ

  とだ。作者の意見に従うならば、実務や努力をしていないと「ひらめき」は生まれ

  てこない。たとえば、いい文章を作りなさいといわれたとき、「あ~お」しかない

  人と50音すべてある人では、レベルはまったく異なってくる。前提となる、勉強

  や知識の習得は、今後もずっと必要になることだろう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

くまに追い付く。

 

センスは知識からはじまる

センスは知識からはじまる