読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまに追いつくblog

ぐいっと一日、2話ブログ

世界が終わるとき、人は自分と他人を比べないのではないかとの件

最後の人生の日を迎えるとき、流星によって地球が滅びる日でもいい

いまは、あの人より年収がいい、出世したい、とか、綺麗な奥さんを持っているとか、

往々にして人と比べてしまうのが世の常。でももし、3年後に地球が滅びるとしたら、

その3年後に、他の人より優れているかどうか、はもうどうでもよくて。

1日1日が自分にとって納得がいくものかどうか、で自分の人生を生きていくことに

なるのだと思う。ブランドとか、どうでもよくなるんじゃないか。

一方で、いい食事が食べたいとか、安心してあったかい布団で寝たいとか、

いい女とHしたいとか根源的な欲求は強まるのかもしれない。食欲、性欲、睡眠欲。

 

で、「この人と一緒にいたい」って欲求はなんか別物。

ある特定の人と時間を過ごしたい、っていう気持ち。別のどんなに他の人が

いいという人よりも、この人を愛してるから、一緒にいたいという気持ち。

性欲でも見栄でもなく、ただ純粋に「一緒にいたい」と強く強く思う。

それは家族かもしれない。彼女かもしれないし奥さんかもしれない。

もし自分の大切な人がいなくなってしまったら本当につらい。

 

何度もこんな想いを経験していたら、心が擦り切れて疲れてしまう。

自分の仕事どころじゃなくなってしまう。どうやって立ち直ったらいいのか

わからない、他の人に同情を求めるのでなく、死んだ心をそのまま日常生活に

持ってきてしまう。

 

でもいろんな人、学生時代の友人とか、同じジムの憧れのボクサーとかに会うことで

すこしだけだけど、数歩前まで歩く道が見えそうで安心できる。

まだもう少し歩けそうだ。

 

「首を吊って、こんな、あいつのいない世界からはおさらばだ」

そんな小説の一説が、不謹慎だけど納得感のある前向きな言葉に聞こえる。

ーーーーーーーーーーーーーーー

くまに追いつく。

 

終末のフール (集英社文庫)

終末のフール (集英社文庫)