読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまに追いつくblog

ぐいっと一日、2話ブログ

ちょっとした変化にうれしさを感じる件

みんなが少しずつだけど変化する決断をしている。

 

maname.hatenablog.com

 

周りの大切な人と過ごす時間。彼にとっては家庭の時間。

あとは、自分で自由にやりたいこと(WEBの解析や書籍作り)を得るために、

いまの個人ニュースサイトをやめるらしい。

 

彼とは面識もなにもないし、彼の個人ニュースサイトを見ていたわけでもない。

 

けれど、この変化の決断は、これから至るところでおきていくのじゃないかと思う。

 

ホリエモンやら孫正義さんやら、僕らの時代のITカリスマ社長や個人事業主が「いい年」になっていくにつれて、または、長年やってきた仕事に「飽き」がくることで、変化を決断をするきっかけが増える。ビジネス自体をやめることはなくとも、彼らの嗜好や重視する客層やビジョンは変わってくるのかもしれない。彼らの次の世代の「カリスマ」が「それはもう古い、おじさんたちの考えだ」とのし上がってくるだろう。

 

ここに挙げた人は、ぶっとんだ人たちで、家庭よりもビジネスという人だろうけれど、マスコミに大きく取り上げられはしない堅実なぶっとんでない多くのひとびとは、家庭の時間を大切にしたい欲が増えていくのではないだろうか。

 

私の周りでも、熱湯のように仕事をしていた人が少しぬるいお湯につかりたくなったりする時期なのだろう。それでも、必ずしも、仕事のクオリティが落ちる、というわけではない。成功者は、いままでの経験を生かして、新しい試み、より自由な試みを行う人がいるだろう。少しぬるいお湯の効能も色々あるだろう。むしろ、ただひたすら熱湯のように変わらずに仕事をずっとしていた人は、蒸発してしまうかもしれない。

 

特に、ITの変化はめまぐるしく急いでいないと取り残されてしまう、そんな気持ちがしないでもないが、家庭や周りの人を大切に思って勇気ある変化の決断をしたひとには、いいタイミングで切り替えることで成功者として残っていってほしいと切に願う。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

くまにおいつく。

 

 

ガンの自然免疫療法―ぬるま湯浴のすすめ

ガンの自然免疫療法―ぬるま湯浴のすすめ