読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまに追いつくblog

ぐいっと一日、2話ブログ

彼女が僕にしてくれたこと、最後に言ってくれたことが心に強く残っている件

彼女は外国で働いていた。

いつか僕がその外国に来ることを夢見て、3000万円の家を買った。

ここ、日本みたいで好きだなと僕がいった、海の近くの静かなアパート。

 

僕はそれでも日本にいた。

 

「あなたは結局日本に居たいんでしょ。」

 

そう言われた。そうじゃないんだけど、そうなんだ。

なんとも歯切れの悪い答えを返して、彼女は続けた。

 

「あなたは、とてもポジティブな人だと思っていたが、そうじゃない。」

 

「Optimisticだけど、Positiveじゃない。小さな幸せ、他人から与えられる幸せだけ

を感謝して、自分で決断して幸せを勝ち取ることのしない臆病者だ。」

 

そう言われた。

 

「あなたをずっと横で見ていてわかったけど、

あなたは目の前に解決すべき問題があるとき、

時間がそれを解決すると思って少しずつ少しずつ

りんごの皮を剥くように、、、待って解決する、」

 

「というより、誰かによって解決されるのを待っている。

私は違う。悩むのでなく、自分で決断して動いて早く解決したい。

そういう人間なの、私は。恋愛小説じゃなく推理小説が好きなの私は。」

 

最後まで君は自分の言葉を強く持って人生に立ち向かっている。

誰も自分の国の先例がいない中で。でも彼女は抜け目なく現実を見ている。

僕は、僕は、安全と安定を重ねた日本にいる。夢を見ている。

 

願いを込めるとき、寺や神社に参拝に行くとき、

彼女への感謝を祈り、彼女のこれからの幸せを願っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

くまに追いつく。