読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまに追いつくblog

ぐいっと一日、2話ブログ

金剛山登山から学ぶ人生の件 その2

登山から学んで記録しておきたいことがもうひとつある。

苦労と感動は比例するということ。

金剛山は1100メートル級の山。

 

1ヶ月前には同じような山に登ったのだけど、今回の登山は、

そのときの感動↓には及ばなかった。

f:id:takayoshi8:20151228200008j:plain

(そのときの感動イメージ)

 

1ヶ月前の山は、初めての一人での登山だった。装備も十分でなく、

雨のなか必死になって登った。寒冷蕁麻疹が出ても、悪天候で足場が悪くって

ひとり「あーしんど」とつぶやきながらも、登った。

山頂に着いて、靄が真っ白にかかっていて何も回りは見れなかったけど、

「おっしゃー」と自然と叫んでしまった。

やればできんだよ俺は!と内面から湧き出る感情から、

人目はばからず(といっても人はいないが)大声を出して感動していた。

 

人から見たら大したことではないと思う。たかが1100メートル級の山だ。

子供でも登れるのだろう、といまであれば思う。でも登っている最中はそんなことを

考える暇もなかった、ただしんどいしんどいと思いながらも一人で登っていった。

ときどき後ろを振り返って、よくここまで登ったもんだと自分を褒めながら登っていった。

 

自分の限界を超えていく。これが強い喜びに感じるのだろう。

たとえ、誰も見ていなくてもその記録が世界に誇るものでなくても。

いままでは、自分は、誰かの注目を浴びなければ幸せを感じない人間である

と思っていた。

 

松下幸之助さんはこういった。

f:id:takayoshi8:20151228200131j:plain

上には上がいる。

 

それは悲しい現実だし、時に残念に思ったり何で自分にはあの才能が

ないのかって悩みに悩んだりもする。

でも、自分の器は誰にもわからない。本来器の大きさや深さが決まっているものなのか

どうかはわからないけれど、せめて器の大きさまでたどり着く努力をしているか、

それが幸せにつながることであればなおさらだ。

 

自分の限界を超えて何かを達成する、久しくやれていない人はぜひやってほしい。

俺も継続してできるようがんばりますから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

くまに追いつく。

 

人生と仕事について知っておいてほしいこと

人生と仕事について知っておいてほしいこと